秋から冬へ

ハートピアみよた前の桜の木。

春は優しいピンクの花を咲かせ、利用者さんの気持ちを解放してくれます。

 

 

 

夏はみずみずしい緑が、爽やかさと清々しさを届けてくれます。

 

秋は様々な色の葉の彩りと、まるでダンスをするように舞い落ちる葉で目を楽しませてくれます。

 

朝陽が葉の間から射し、地面に舞い落ちた葉も綺麗でした。

 

 

そして、葉が落ち、寂しくなった木は、次の春に、また利用者さんたちに希望と喜びを与えてくれます。

休んで、じっくりと力を蓄え、春に一斉に命を溢れさせる。

きっと私たちも同じ。

休む時も必要だよね。

桜は話さないけれど、一人一人の受け止め方の数だけ、いろんなことを教えてくれます。

 

お近くを通ったら、ハートピアみよたの四季折々の桜の姿を見にいらしてくださいね。