ある春の日のハプニング

 

ハートピアに毎年、春になると来てくれる

可愛い、、、

ツバメ

 

今はもう生まれた雛たちも成長し、親と一緒に飛び回り、

可愛い声で鳴いたり、トマトやキュウリの支柱に止まって

利用者さんを和ませてくれています。

 

このお話は、まだ巣作りしている頃、

まだ春が始まったばかり。

 

 

 

窓を開けていたら、ツバメがデイサービスの中に入ってきてしまいました。

つがいの1羽が、外で鳴いて呼ぶので、なんとか出ようと飛び回っていました。

このままじゃ、窓や壁にぶつかって怪我をするか、死んでしまうかもしれない。

 

総務福祉係の山田とデイサービスの尾台は、

刺激しないように、でも外へ出られるように窓にはカーテンをして

1カ所、窓を開けていました。

 

しばらく、飛び回っていたツバメは、ようやく外へ。

つがいの1羽の元へ飛んでいきました。

 

「ああ、良かった~、死ななくて!」

さすが、自称思いやり大臣、、、利用者さんだけでなく、

ツバメにも優しさを発揮していました。

 

こんな優しい尾台は、4月の利用者さんと職員で作るお笑いライブで

御代田言葉を研究し、50年と言う御代田大学准教授を好演!

利用者さんの笑いを頂きました。

お笑いライブについては、また次回ブログ更新しますね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です