個別リハはじっくりとお話できる時間

看護師として、機能訓練の一環で個別リハに関わることがあります。

普段のデイサービスでは血圧や脈などバイタルサインをチェックし、

値によっては再検をしたり、体調を伺ったり、入浴後の傷の処置や皮膚状態の観察、体調不良の方の対処などなどで

ゆっくりと利用者さんとお話することが少ないです。

 

 

個別リハは一対一で関わることができるので、その方を知ることが出来る機会となります。

ハートピアの周り、屋外を歩行するリハを行う男性利用者さん。

いつも穏やかで、あまりお話されませんが、この散歩ではよくお話をしてくださいます。

コスモスが咲き、浅間山が綺麗に見えたこの日、

「空が綺麗ですね。」とお話しながら、「空の写真をよく撮るんですよ。」と話したら、

「僕も撮るの好きなんだ。」と教えてくれました。

 

「10年前にすごい雲を見たんだよ。」と教えて下さったので、「見たいです!」と話したら、

次の利用日に持ってきてくださいました。

すごい雲ですよね。

不思議な形、重なって重なってどんどん大きくなったそうです。

翌日には新聞でも話題となった雲。

「あんな雲は初めて見て、夢中で撮ったんだよ。」と当時を思い出し、

いつもより声も大きく、笑顔で話して下さいました。

 

普段の関わりでは見えなかった利用者さんの『顔』。

一対一で関わることで、発見する大切な特別は、利用者さんのパーソナリティを浮かび上がらせてくれます。

 

毎日の中で、そんな時間が時々作れることに感謝です。