町内在住の帽子デザイナー ヨネダ マキさんによる2mの巨大ヒンメリ

ハートピアみよたにてディサービスとやまゆり作業所の利用者さんが作業してくれた町内産ライ麦の細い藁で製作した作品の展示をしています。

年齢を重ねて、下を向きがちな利用者さんにも上を見上げて、気持ちも明るくなり、体も元気になるきっかけになるといいなと思います。
アートが日常のなかに自然に溶け込むことで、癒しや人生の豊かさや共生など福祉とつながることを目指し、そんな新たな可能性や広がりを素晴らしいカタチにして表現してくれました。
ハートピアにお立ち寄りの際は、ぜひご覧くださいね。(玄関から見ることもできます。)