11月29日(土)、今年度の社会福祉大会を開催しました。

御代田町社会福祉協議会と御代田町共同募金委員会は、11月28日(土)エコールみよたで第42回御代田町社会福祉大会を開催しました。
今年度はコロナ禍での開催ということもあり、時間を短縮し出席者も関係者のみに限定して座席の間隔も空けるなど、感染対策も徹底して実施しました。また、講演会もあらかじめ撮影した映像を会場で上映する形での、一般には非公開でのビデオセミナーになりました。

午後一時半に開会し、社会福祉に貢献された方への表彰状及び感謝状の贈呈、共同募金大口寄付者への感謝状贈呈に続き、「地域共生社会の実践事例から学ぶ、今後における地域づくりのヒント」という演題で、全国手をつなぐ育成会常務理事兼事務局長の又村あおい氏の講演を頂戴しました。



表彰式やエンディングの場面では御代田町を拠点に活動されておられるチェリストの蒼井大地氏が生演奏で雰囲気を盛り上げてくださいました。

又村あおい氏のセミナーも、これからの地域共生社会とはなにか?という視点で非常に深く掘り下げておられて「解りやすかった」と参加された方のアンケートにもありました。
例年と違いコロナ禍での開催でしたが、特異な環境下だからこそいろいろ考えさせるコンパクトではあっても内容の濃い大会となりました。